事業紹介

LPガス事業

(株)広島中央クミアイ燃料は、平成7年に東広島・賀茂地区の農業協同組合と広島県経済農業協同組合連合会が発起人となり設立されました。現在、東広島市や三原市大和町のJA組合員を中心に、災害に強い分散型エネルギーであるLPガスを安全に安定供給しています。
地域で「選ばれるガス事業者」になるため、保安面においては、全社員に対して保安教育を実施し、知識の向上に努めるとともに、お客様に対して計画的な供給設備・消費設備の点検調査及び保安啓発活動を行っています。

LPガスの事故を防止するため、法律に基づき、次のことを行っています。

定期供給設備点検及び定期消費設備調査は、LPガスを安全に使用していただくために重要なものです。
販売店(保安機関)が訪問したときにはご協力をお願いします。

農業事業

(株)広島中央クミアイ燃料では、JAグループの強みを生かした取り組みとして、農業分野への新規事業参入を進めています。
JA広島中央と(株)広島中央クミアイ燃料の連携事業として、JA育苗センターの水稲育苗ハウスの休閑期を有効活用した、トロ箱養液栽培システム「うぃずone」によるミニトマト栽培の実験農場を運営しています。

ページトップへ戻る