LPガスについて

LPガスの性質

消費設備の範囲と、日頃の管理及び点検について

  • ガスメータの出口からガス器具までのLPガス設備を消費設備(質量販売の場合は容器からガス器具まで全て)といい、日頃の管理及び点検の責任はお客さまにあります。
  • 販売事業者、または販売事業者が委託する保安機関は、お客さまの使用する消費設備が正しい状態かどうか、定期的に調査をさせていただきます。
  • 調査の結果、改善を指摘された設備については、調査員の指示に従い、お客さまの責任において改善してください。
ご案内

不完全燃焼を防止するために(換気はこまめに行いましょう)

  • LPガスの燃焼にはたくさんの空気が必要です。換気が十分に行われていないと、酸素不足や排気ガスが室内に充満して不完全燃焼を起こすことがあり、最悪の場合、死に至る危険性があります。(一酸化炭素中毒)。
  • 室内でガス器具を使用する際は、時々窓を開けるか、換気扇を回して換気をしてください。また、小型のガス器具であっても、長時間の使用はしないでください。
  • 特に、室内で小型湯沸器を使用する際は、必ず換気を徹底してください。また、小型湯沸器をお風呂の給湯やシャワーとして直接使用するのは大変危険ですので、絶対におやめください。
  • 屋内にある風呂がま及び大型湯沸器の設置場所には、適切な給気口(空気の取入口)及び排気設備(排気筒など)を設けてください。
  • 排気筒の接合部や逆風止めが外れたままガス器具を使用すると、室内に排気ガスが流出して大変危険です。また、排気筒の先端に不備があると、鳥が巣を作り、排気を妨げる場合がありますので、日頃から注意してください。
  • 屋内設置のガス瞬間湯沸器が点火の後、自動的に消化する現象が繰り返し発生したら、再点火は行わないでください。繰り返し点火操作を行った結果、不完全燃焼により一酸化炭素中毒事故で死亡したケースがあります。ただちに使用を中止し、ガス機器の購入先やLPガス販売事業者にご連絡ください。

点火。消化は目で確認

  • ガス器具のそばには、燃えやすいもの(可燃物)を置かないでください。
  • 点火にマッチなどを使用する際は、LPガスの流出をさけるため、マッチなどに火を点けてから器具栓を開いてください。
  • 風や煮こぼれなどで火が消えたり、天ぷら鍋の油に火がつくことがありますので、使用中はなるべくその場を離れないでください。

炎はいつも青い火で

  • ガスコンロ(バーナー)などの目づまりは、不完全燃焼の原因となります。ときどき器具ブラシなどでお掃除してください。
  • お手入れでガス器具のネジなどを取り外す必要がある場合は必ず販売事業者に依頼し、お客さまが自らネジなどを取り外すことのないようにしてください。

ガス栓・器具栓はうっかりが禁物

  • お休み前やお出かけになるときは、必ずガス栓や器具栓が閉まっていることを確認してください。
  • 絶対に、ガスの配管やガス栓をアースの代わりに使用しないでください。

ゴム管にも細心の注意

  • ゴム管はときどき点検して、ひび割れやかたくなったものは早めにお取替えください。
  • ゴム管のガスもれ点検は、表面に石けん水を塗ってアワが出るかどうか調べてください。
  • ガス器具の交換やゴム管を交換するときは、ガス栓の赤い線のところまで差し込み、ホースバンドでしっかり止めてください。
  • ゴム管を必要以上に長くしないでください。
  • LPガス用のゴム管を使用してください。
  • 三つ又の使用は危険ですので、絶対におやめください。

小型容器(8kg容器以下)の取扱いについて

  • 容器は平らな場所に置き、かつ、上から物がおちる恐れのない場所に置いてください。
  • 容器は、直射日光を避け、火気のないところに置いてください。
  • 容器は、風通しのよい室外に保管してください。
  • 容器の使用後は、必ず容器バルブを閉めてください。
  • 容器は、お客さまが処分することはできません。不要になったときは、必ず販売事業者に連絡してください。

LPガス用ガス漏れ警報器のご使用について

  • 謝った設置場所ではガス漏れを感知しませんので、警報器の設置場所を確認しましょう。
  • 警報器が交換期限内のものかを確認しましょう。警報器の交換期限は5年です。交換期限を迎えていないか確認し、期限が過ぎる前に、LPガス販売事業者に連絡しましょう。
  • 警報器は電源が入っていないと作動しませんので、警報器の電源プラグは常時コンセントに差し込んでおきましょう。
  • 警報器のまわりにものを置いていると、ガス漏れを感知しにくくなります。警報器のまわりにものを置かないようにしましょう。

「長期使用製品安全点検制度」について

  • 製品が古くなると部品等が劣化(経年劣化)し、火災や死亡事故を起こすおそれがあります。そこで事故を防ぐため、特定の製品の所有者へ、メーカーなどが適切な時期に通知を行い、所有者が点検を受ける制度が施行されました。21年4月以降製造・輸入された下記の対象商品(特定保守製品)を購入した場合は、所有者登録をしてください。また点検通知が届いたら点検を受けるようにしましょう。
    ※消費生活用製品安全法の改正に伴い創設された制度です。
対象商品(特定保守製品)
  • 屋内式ガス瞬間湯沸器(LPガス用/都市ガス用)
  • 屋内式ガスふろがま(LPガス用/都市ガス用)
  • 石油給湯器
  • 石油ふろがま
  • FF式石油温風暖房機
  • ビルトイン式電気食器洗器
  • 浴室電気乾燥機
  • ※現在お使いの製品(平成21年4月1日より前に製造・輸入された製品)も点検可能ですので、詳しくはメーカーなどにお尋ねください。

災害時の対策

火災のときは

容器バルブを閉めて、消防署員などに容器の
位置を知らせ、後の処理を頼んでください。

地震のときは

使用中のガスの使用を中止し、ガス栓・器具
栓を閉めます。ゆれの大きな地震のときは、
おさまった後で容器バルブも閉めてください。

風水害のときは

容器バルブを閉め、容器が倒れたり、流され
たりしないようにロープで固定してください。

雪のときは

LPガス設備の周りは常に除雪しておいてく
ださい。また、雪おろしの際は、LPガス設
備に損傷を与えないように十分注意してくだ
さい。LPガス設備が損傷したよきは、直ち
に容器バルブを閉めてください。

ガス器具は必ずLPガス用で

LPガス用器具には、次のような表示がされています。必ず確認してください。

クリックでPDFが開きます(2.32M)

【本社】
〒739-0041 広島県東広島市西条町寺家7369-1
TEL.082-431-3401
TEL.082-431-3402(緊急)
【大和営業所】
〒729-1331 広島県三原市大和町椋梨1135-1
TEL.0847-34-1336

ページトップへ戻る